新年のご挨拶。自分本位な就活を!

あけましておめでとうございます

私事で恐縮なのですが、現在卒論提出に向けてなかなか忙しい毎日を送っています。
新年一発目の大切な記事であることは重々承知なのですが、すこし短めの記事にて失礼させていただきたく思います。
普段は就活のことばかり意気を張り上げて書いているものですから、今回は少しそこから離れたトピックについて書いてみます。

ただ何も全くどうでもよいことをわざわざ皆さんに読んでもらうつもりは毛頭なくて、皆さんよりも1年早く大学に入っていることで見える、少し先の大学生活を取り巻く雰囲気や世相についてほんのちょっと共有できれば良いなと。

あ、あくまで僕視点なので、全員が全員こういう気持ちで大学4年生の1月を迎えているわけではないです。

社会人生活に対する漠然とした不安

一言で言うと、自分でも不思議ですが大学が自然と恋しくなってくるんです。
卒業するのは分かっているし、社会に出ることも頭では受け入れているつもりです。
ただ、正直不安です。何か自分が自分でいられなくなる環境に、自分から進んで足を踏み入れていくようなそんな不安。
自分はいったい何に突き動かされて社会に出ようとしているのか、そこに自分の望む生活はあるのか、自分はそこまで社会に出たいと思っているわけでもないし、企業という得体のしれないものの活動のために自分の血肉と時間を捧げることが腑に落ち切っているわけでもないです。

もしかすると、就活の中で志望動機を作ったり面接でそれを伝えたりしているときは、どこかしら自分を騙していたのかもしれません。

仕事の中では、理不尽で不自由で非人間的な場面にたくさん出くわすでしょう。
「何で自分はこんなことに人生の時間を費やしているんだろう」
そう思うことが多々ありそうな気がして止みません。

自分本位に舵取りしてゆけば大丈夫

そこできっと忘れてはならないのは、「自分本位」の考え方なのです。
いやなことはいやだと示す、不得意なことに自ら飛び込まない、興味の惹かれる方向に進んでいく、尊敬できる人に話を聞きにいく、自分の理想のライフスタイルを追求する。

幸運にも、今の世の中はかなり自由な生活が出来るほうだと思われます。
食い扶持には困らないだろうし、安く遠くまで移動できるし、家までアマゾンが品物を届けてくれるし、インターネットで世界中の素敵なコンテンツにアクセスできる。
たとえどんなに職場で嫌な局面に立たされようと、どんなに他人が羨ましく感じられようと、どんなに劣等感にさいなまれようと、僕たちは本質的に自由だとそう僕は思います。

僕たちが思っている以上に、意外と世界は広いし自分に出来ることはたくさんあります。
「自分本位」に、興味が惹かれること、癒されること、心が求めることに時間と集中力を費やしていく、それを仕事、趣味、そして家族生活のなかで追求出来れば、そこそこ幸せな社会人人生を手繰り寄せていける気がします。

生活が次のステップに進んでいくのは自然な流れなのでしょう。
中学校の次に高校があったように、大学の次は自分で生活していくための社会人生活が始まります。
でも大切にしたいことは変わらなくて、それは自分本位で悠々自適の毎日です。
自分でどうとでも前向きにしていける、そう思えばあら不思議、そんなに怖がらなくてもよさそうです。

自分本位な就活を!

就活をするなかでも、自分の自然な感情に心の目と耳を向けて、自分の自然な心に違和感のない進路選択が出来ると良いですね!
僕ら3人はこれからも心を込めて皆さんの要望にお答えできればと思います。
それでは、何卒本年もどうぞよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
SIM

SIM

19卒大学生3人が集まって、 後輩の就活を応援する活動をしています! 毎月2回のイベントを主軸に、 随時相談や交流会を開催中! twitterはこちら(https://twitter.com/yeahitt)

この記事を共有したいときはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です