グルディスを成功させるための5つの鍵

はじめに

ヒデ
どうもこんにちは。
SIMのヒデです。
ヒデ
今日は、グループディスカッションを成功させるための5つの鍵についてお伝えします。
ヒデ
戦略から、実行レベルの文言までご用意しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

① 何をすべきか全体の計画を決める

→どの段階にどのくらいの時間を使うかを決める。もし発表もあれば、その準備時間もしっかり含めた時間で、逆算して考えていく
この計画をすることによって、メンバー全員により時間の意識が生まれ、常に目標を持ちながら意見をまとめていくというスピード感と熱量を持って進めることが出来る。

例)「まずは時間配分を決めよう」「発表準備にはしっかり5分取ろう」

② 今、どのプロセスにいるかを共有する

→グループ全員が、「今」何をしているかを理解している状態でいること。一人でも頭の中に違う映像が流れていたら、議論が逸れてしまう事がある。
まずは前提の状況設定のところで、メンバー全員が同じ情景を頭の中にイメージ出来ていることがかなり重要となる。そして、議論を進めていくときに、自分たちは今どの段階にいるのかを意識することが大切。

例)「今は〇〇を話し合う時間だよね」「いったん今が何をする時間か整理しよう」

③ プロセスごとに、合意を確認してから次に進む

→グループには約5~7人はいるので、全員がある程度の納得感を持った事をしっかり確認してから、次のプロセスへと移行していく。グループとしての意見なので、必ずしも自分の考えが通らない事もあるが、そこは重要ではない。あくまでグループ全体として、最適なアウトプットをすることが目的なので、それに向けて意見を出し、皆が合意できるような形で進めていく事が大切。

例)「店舗については、渋谷宮益坂のマックという事で大丈夫?」

④ 抜けもれなく重要な論点を見つける

→ある問題に対して、いきなりアイディアを出してしまうと、本当は検討すべきだったところが抜け落ちてしまう可能性がある。まずはグルディスのお題に対して、検討できる問題のレベルまで細分化して、重要な論点を見つけてから、アイディアを出していく。

例)「売り上げを上げるには、客数と客単価に分けて検討してみよう」

⑤ 打ち手で、重要な論点をしっかり叩く

→重要な論点を洗い出す事が出来ても油断は禁物。本当にその打ち手で問題の解決へと結びついているのか、一貫性や繋がりを考えつつまとめあげていく。
結論が出たら、さらに詰められることはないか、残り少ない時間を使って、少しでも最良のものにしていく。

例)「〇〇という問題を解決するには、この順序で打ち手を出そう」
「あと残り3分ある。もう一度この案で抜けもれないか詰めよう」

 

まとめ

以上がグルディスの成功の5つの鍵です。

これが全てではありませんが、非常に大切な事なので、是非意識してみてください!

The following two tabs change content below.
SIM

SIM

19卒大学生3人が集まって、 後輩の就活を応援する活動をしています! 毎月2回のイベントを主軸に、 随時相談や交流会を開催中! twitterはこちら(https://twitter.com/yeahitt)

この記事を共有したいときはこちら