【GD対策】「①社会人基礎力②問題の切り分け方③進めるプロセス」を意識してGD突破!

はじめに

いえひ
こんにちは。いえひです。
いえひ
今回はグループディスカッションについてお伝えします。
いえひ
20分くらいのGDから、1-3daysくらいの短期インターンの対策にもなる内容を書きました。ぜひ参考にしてみてください。
今回の内容は、11/29に行うイベントのコンテンツに基づいています。

GDで意識したい3つのポイントとは

いえひ
僕は就活中GDに臨む際、下記の3つのポイントを意識していました。
①社会人基礎力をPRすること

②問題を抜けもれなく切り分けること

③正しいプロセスで取り組むこと

①社会人基礎力をPRする

皆さんは、どんな人がGDを通過すると思いますか?

僕なりに考えた結果は、「一緒に働きたいと思ってもらえる人」でした。

そして、社員さんから「一緒に働きたい」と思ってもらえるのは、「社会人基礎力」のポテンシャルが見受けられる人だと思ったのです。

しかご
社会人基礎力ってどんなものがあるのよ?

社会人基礎力は、経産省が一応定義しているものがあり、とてもよくまとまっているので上げておきます。

「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」この3つといわれています。

社会人基礎力は上記3つです。

すなわち、グループディスカッションでは、上記3つのポテンシャルが図られているのだと僕は考えました。

だからこそ、僕はGDにおいて下記を意識して立ち振る舞いました。

1.思考力

社会人基礎力の「考え抜く力」に相当します。

一言でいうなら、「最適な問題解決案を考え組み立て形にする力」だと思います。

具体的には、

・問題を抜けもれなく切り分けて優先順位をつけ、検討すること

・正しいプロセスで順序良く議論を進めること

を意識して立ち振る舞っていました。

2.協調性

社会人基礎力の「チームで働く力」に相当します。

一言でいうなら、「信頼関係を作り、チームの力を引き出す力」だと思います。

具体的には、

・自分からメンバーを好きになり、信じること

・皆から意見を引き出し、尊重すること

を意識して立ち振る舞っていました。

3.主体性

社会人基礎力の「前に踏み出す力」に相当します。

一言でいうなら、「他人任せにせず、責任感を持って進める力」だと思います。

具体的には、

・自分だけは絶対に考えることを止めない

・チームの勝利につながらないことには断固反対する

を意識して立ち振る舞っていました。

②問題を「抜けもれなく切り分ける」

「社会人基礎力」を意識することに加えて、

僕がGDを通過するために毎回意識していたことは、

「問題を抜けもれなく切り分けること」でした。

「抜けもれなく」とは?

例えば、「就活を成功させるには」というお題があったとします。

このお題に対して、問題を分解せずにいきなり下記のようなアイデアを出したとします。

①良いESを書く

②たくさんOB訪問をする

これら、決して間違っていません。

しかし、残念ながらベストアンサーでもないはずです。

もっともっと大切なことがあるかもしれませんよね。

つまり、上記のアイデアには、重大な論点の見落としがあるかもしれないのです。

そうではなくて、

「就活を成功させる」

①よい会社選びをする

②良い選考対策をする

「抜けもれなく」問題を分けることで、

まんべんなく論点を検討出来、堀り進めていくと結果としてベストなアイデアが出せるのです。

しかご
でも抜けもれなく問題を分けるのって、難しくない?

確かに難しいです。

しかし、「抜けもれなく分ける」ときには、特定のパターンがあります。

「抜けもれなく分ける」時に覚えておくとよい視点を、3つご紹介します。

1.時系列で分ける

1つ目は、「時系列」を用いて抜けもれなく分けるやり方です。

物事を時系列の段階に分け、それぞれの段階について検討していく方法です。

例えば、

「就活を成功させるには」

①良い会社選びをする

②十分な選考対策をする

という風に分けることが出来ます。

2.利点/欠点で分ける

2つ目は、「利点/欠点」を用いて抜けもれなく分けるやり方です。

物事を利点と欠点に分け、それぞれにどうアプローチするかを考えるやり方です。

例えば、あなたが「カップラーメンの消費量を上げようとしている」とします。

この時、

「カップラーメンの消費量を上げるには」

①利点を伸ばす:安くておいしい

②欠点を減らす:不健康である

という風に分けることが出来ます。

3.質/量で分ける

3つ目は、「質/量」を用いて抜けもれなく分けるやり方です。

物事を質と量に分け、それぞれにどうアプローチするかを考えるやり方です。

例えば、あなたが「カフェの売上を上げたいと思っている」とします。

この時、

「カフェの売上を上げるには」

①お客さんの質を上げる:客単価を上げる

②お客さんの量を上げる:お客さんの数を上げる

という風に分けることが出来ます。

③正しいプロセスで議論を進める

「社会人基礎力」「問題を抜けもれなく分けること」を意識することに加えて、

僕がGDを通過するために毎回意識していたことは、

「正しいプロセスで議論を進めること」でした。

詳細は下記の記事をご覧ください。

秋冬インターンGD対策①:「思考力」を発揮するための事前準備と本番意識すること

おわりに

いえひ
いかがでしたか?まとめると、僕がGDで意識していたことはこんな感じです。
①社会人基礎力をPRすること

②問題を抜けもれなく切り分けること

③正しいプロセスで議論を進めること

いえひ
皆さんも、座学と実践を積みながら、自分なりの勝ちパターンを試行錯誤して見つけてみてくださいね!
いえひ
また、今回お伝えした内容について、実践を通して深く体得したいという方には、こちらのイベントもご用意しています。ぜひお越しください。

 

The following two tabs change content below.
SIM

SIM

19卒大学生3人が集まって、 後輩の就活を応援する活動をしています! 毎月2回のイベントを主軸に、 随時相談や交流会を開催中! twitterはこちら(https://twitter.com/yeahitt)

この記事を共有したいときはこちら