【19卒対象】Meetscompany行ってきたのでステマじゃない生の体験談書く【口コミ】

どうも19卒就活中のブロガー、いえひ@yeahitt)です。

今回は19卒向けイベント「Meetscompany」に参加してみました。

最初に言うんですけど、ステマ記事ではありません(笑)。

就活生として感じたことを素直に書いていきます。

僕が参加した感想としては、こんな感じでした!

Meetscompany感想まとめ!

  1. 2時間ととても短いイベント!
  2. 早期過ぎて参加企業、参加学生少なすぎ!
  3. なんか全体的に適当。アットホーム感がある
  4. ビジネスゲームはちょうどいい長さで面白い
  5. 就活アドバイザーと話せるのがデカい!!
  1. 2時間という短めの時間
  2. 就活アドバイザーから就活の黒い話が聞ける

という独自性を持ったイベントだったかなぁと思ってます。

いえひ

特に普段のイベントで会う人事の方は建前ばっかり話すので、

第三者的立場の就活アドバイザーから本音の話が聞けるという点が面白いイベントでした!

ただ参加企業が少なすぎる、企業担当者が来ないというグダグダ具合もありました(笑)。

それでは就活中の一人の学生として、体験談形式でお送りしていきます。

Meetscompanyのスケジュール

僕が実際に参加してみたところ、その日のスケジュールは以下のようなものでした。

実際のスケジュール

14:00 集合

14:00~14:30 参加企業のプレゼンタイム

14:30~15:00 グループゲームタイム

15:00~15:30 小グループに分かれて座談会タイム

15:00~16:00 アンケート記入、就活アドバイザーとの雑談

16:00 解散

僕が参加したときは参加企業がわずか2社ととても少なく、2時間ほどで終わりました。

今年第一回目だったためか参加企業も学生の数も少なく、全体的にゆるーっとした雰囲気でした。

途中の休憩時間もこまめにとられていたので、疲れは全く感じませんでしたよ。

いえひ
6時間続いたJobtryoutに比べれば、疲労感は段違い!気軽に行けるイベントだと感じました。
しかご
でも参加企業2社でわずか2時間のイベントなんて内容薄すぎでしょ。行く意味あったの?
いえひ
・・・それは言えてる(笑)。僕が今まで参加した就活イベントの中でも一番ゆるーっとしてた
しかご
あそう。で、具体的にはどんなことをやったの?
いえひ
じゃあまず、「①企業プレゼンタイム」がどんな感じだったか説明します!

Meetscompany①企業のプレゼンタイム

イベントが始まるとまず、企業のプレゼンタイムが始まりました。

まあ就活イベントでよくある感じの、人事担当者がパワポで自社紹介をする感じ。

印象を一言でいうと、「内容薄っ!眠くなるヒマもなかったわ」。

プレゼンタイムの内容

企業のプレゼンタイムはわずか5分とめっちゃ短い!

企業の業種紹介でほとんど終わった感じでした。しかも参加企業が2社しかなかったのでほんと一瞬。そのあとすぐ休憩タイム入ったのですが、「いやまだ休みいらないよ(笑)」って気持ちになりました。

この日の参加企業は、

新興テクノミスト

CA MOBILE

でした。

双方ともIT企業でしたが、業務内容や社風は大きく異なっているようでした。

具体的には、

新興テクノミスト:創業80年越えの安定した基盤。ITインフラが主軸。得意先には官公庁も含まれるなど、安定系の会社という印象。パリピ系ではない。エンジニア職を求めている。

CA MOBILE:サイバーエージェント傘下の若い企業。アーティストのファンサイト運営や広告代理店事業、投資事業が主軸。バリバリパリピ系の印象。営業職を求めている。

いえひ
新興テクノミストさんの担当者さんが好印象でした。

それでは感想に移ります。

プレゼンタイムの感想

まず時間短いし参加企業数が少ない!(企業数少ないのはたぶん今回が第一回目だったから)

正直10分くらいで終わったのでイベント全体の中では印象が非常に薄かったです。

あと「え?」ってなったのが、

CA MOBILEが自社の人事担当者を派遣しておらず、代わりにMeetscompanyのスタッフがプレゼンを代行していたこと」。

人事が来ない説明会なんて初めて見ました(笑)。なんかグダグダな雰囲気。

いえひ
このあたりから「meetscompanyって結構ゆるめの適当なイベントだなあ」とひそかに思っていた僕

次の時間はグループに分かれてビジネスゲームを行いました!

こっちはなかなか面白かったです。

Meetscompany②グループワークタイム

プレゼンの次に始まったのは「グループゲーム」。

僕は以前「JobTryout」でビジネスゲームを体験しましたが、それに比べると時間が25分と非常に短く、しかしちょうどよいボリュームでとても楽しむことが出来ました。

グループワークタイムの内容

「学生が6人ほどのグループに分けられ、簡単なビジネスゲームをする」という内容でした。

ビジネスゲームの内容は公開するとまずそうなので詳細はぼかしますが、このような感じ。

ビジネスゲーム内容

(実際のものとは異なりますがこんな感じ)

課題:乗っていた小型飛行機が故障してしまい、10個の道具とともに不時着してしまいました。この状態で300km先の空港までたどり着かねばなりません。乗客7人と生き残って空港にたどり着くために、道具に優先順位をつけてください。

制限時間:25分(ちょうどいい短さ)

結果評価:グループで回答した優先順位を模範解答に照らし合わせて、もっとも模範解答に近かったグループの勝利。

要するに、「生き残るのに大切な道具をグループワークで話し合って決めましょう」という内容。

ゲーム自体は楽しかったです。

ただ・・・なんか話と違うなーと思う場面も。というのは、

一応、グループワーク内の言動を見て企業様からスカウトがありますという触れ込みで行われましたが、

結果から言うとグループワークの言動全く関係ありません。

司会者が「今回はせっかくの機会ですので、参加した学生さん全員を企業様にスカウティングさせていただきまーす」というグダグダな展開でした。

結構Meetscompany運営側の適当さがうかがえると思います。

いえひ
お堅いイベントに比べてカジュアルな雰囲気とも言えるけど、「参加する意味無くね」と思う人もいるはず。

meetscompanyグループワークの素直な感想

グループワークは25分と短めですが、僕にはちょうどいい時間に感じました。

「道具に優先順位をつけていく」という明確な目標のあるグループワークですので、難易度も比較的低い。

「先にみんなで考える論点を明確にし、集合知で答えを出す」というグループワークの基本的な部分が凝縮されていたと感じたので、

グループワークの練習機会としてはよさそうだなと感じました。

楽しかったです。

ですが・・・何の意味があったんだこのワーク(笑)

「ビジネスゲーム楽しかったー」という感想しか持てない自分が情けなくなってきます(笑)

グループワーク攻略法

Meetscompanyの座談会セクションで、運営担当の社員さんにグループワークの攻略法を尋ねてみました。

社員さん曰く、グループワークには以下のような心構えで臨むのがよいそうです。

  1. ただのアイデア出し合戦にしない
  2. まず議論の出口をはっきりさせる
  3. 出口に対し、考えるべき論点を明確にする
  4. 論点がはっきりして初めて、みんなでアイデアを出す
  5. グループで意見を一致させるときには、全員が納得できる形で一致させる

この視点を持っているだけでもグループワークの結果はだいぶ変わってきます。

僕は実はこの視点を前から知っていたので、今回実践していました。

その結果僕たちのグループは1位を獲得することが出来ましたよー。

この視点を持っていると自然とリーダー的な役割になってくるので、結果的に企業ウケもよくなるはず!

選考活動でも行われるというグループワーク。

この方法をぜひ試してみてくださいね♪

 

グループワークタイムはこんな感じです。

企業プレゼン、グループワークと来て、ここまでの印象ではMeetcompanyは実に平凡な就活イベントだと言わざるを得ません。

いえひ
次は最後のセクション「meetscompanyの座談会タイム」について見ていきたいと思います。

Meetscompany③座談会タイム

最後に行ったのは座談会です。

今までいくつかのイベントで座談会をやってきましたが、

Meetscompanyの座談会には特徴的な点がありました。

それは「就活アドバイザーとも話せた」という点!。

以下で詳しく見ていきましょう。

座談会タイムの内容

参加学生が10人ほどの3つのグループに分けられ、人事担当者を囲んで質疑応答、また補足の企業説明を聞くという普通の形式でした。

今回は参加企業が2社、そして1社は人事担当者が来ていないという状況だったので、以下のような形式で行われました、

Meetscompany座談会の形式

グループA:新興テクノミスト担当者を囲んで座談会

グループB:Meetscompany所属の就活アドバイザーを囲んで座談会

グループC:CA MOBILEの代理担当者を囲んで座談会(実質就活アドバイザーとの座談会)

10分おきにローテーション。

形式自体はごく普通です。

しかし、僕的にはこの座談会セクション、めっちゃためになりました!!!

なぜなら、

人事担当者だけでなく、就活アドバイザーともお話が出来たから!

やはり人事担当者というのは企業の看板を背負っているので、めったなことは言えません。

でも就活アドバイザーからは第三者の立場だから言える、就活の黒い話をたくさん聞くことが出来ましたよ(笑)

例えばこんな話。

就活アドバイザーから聞いた黒い話

  1. 面接とかでは盛るのはOK。でも嘘つくとめっちゃ突っ込まれて苦しくなる
  2. 就活アドバイザーは就活の時、6割方嘘をつきまくって内定獲得した
  3. でも嘘がばれて気まずい感じにもなったことがあった
  4. 大手の場合、2次、3次面接ではOB訪問や説明会、インターンに行ったかどうか間違いなく聞かれる。だから行くべし
  5. 就活は自分の個人情報をいかにばらまくかがカギ。
  6. 合説では話なんか聞かずに自分の履歴書をばらまくべき。
  7. 企業を絞るのは内定が出てから
  8. どうせエントリーできるのは50社程度だから、興味持ったらエントリーするべし
  9. 人事からは企業の実態は聞き出せない。社員とコンタクトを取るべき

こんな話人事からはまず聞けません!

座談会セクションの感想

やっぱり就活アドバイザーと話せたのは非常にためになったと思います。

今までのイベントでは基本的に人事と話す形でした。

人事の人って、建前くさい話ばっかりするんですよ。質問しても似たような答えが返ってくることがとても多いです。

その点、第三者的なポジションの就活アドバイザーから聞ける話はとても貴重でした。

また今回は参加企業数も学生数もとても少なく、全体的にゆるめな雰囲気だったため、

アドバイザーの方もとてもフランクな雰囲気で接してくれました。

いえひ
このよく言えばフランク、別の言い方ではゆるーりとした座談会は初めてでした。Meetscompanyの独自性はここかなと思います。

Meetscompanyの感想まとめ

では、Meetscompanyの感想を最後にまとめたいと思います!

Meetscompany感想まとめ!

  1. 2時間ととても短いイベント!
  2. 早期過ぎて参加企業、参加学生少なすぎ!
  3. なんか全体的に適当。アットホーム感がある
  4. ビジネスゲームはちょうどいい長さで面白い
  5. 就活アドバイザーと話せるのがデカい!!

以上になります!

就活アドバイザーと話せたことも考えると、僕的には行ってよかったかなぁと思ってます。たった2時間だけだったし。

今後参加企業や学生が増えてくるとまた違った空気感のイベントになるかもしれません。

また、今回は早期過ぎたためありませんでしたが、

参加すると希望者には就活アドバイザーが一人専属でついてくれるサービスもあるそうです。

参加するかしないかはあなた次第ということで締めたいと思います!(笑)

参加したい方はこちら



以上、「【19卒対象】Meetscompany行ってきたのでステマじゃない生の体験談書く【口コミ】」というテーマの記事でした。

The following two tabs change content below.
SIM

SIM

19卒大学生3人が集まって、 後輩の就活を応援する活動をしています! 毎月2回のイベントを主軸に、 随時相談や交流会を開催中! twitterはこちら(https://twitter.com/yeahitt)

この記事を共有したいときはこちら